Saturday, April 28, 2012

Google Driveローンチ!一体どのクラウドサービスを使えばいいのか?


Googleが無料分2GBのオンラインストレージサービスを始めるらしい…そんな噂をいい意味で期待を裏切る無料分5GBでGoogleがオンラインストレージサービスに殴りこんできましたよ!!

その名もGoogle Drive!Google DriveはGoogleアカウントを持っているならここから申し込みをすれば順次使用可能となっています。

今回は早速既存のオンラインストレージサービスと使い比べて、特に使用する際に一番のネックになってくる「転送速度」と「料金」にフォーカスしてレビューしてみたいと思います。



まずはGoogle Driveに加えて既存の人気オンラインストレージサービスであるSkyDriveとDropboxを簡単に比較してみましょう。これら3つのサービスは専用アプリケーションをダウンロードすることでMac OSX、Windowsで通常のフォルダとしてデスクトップからアクセスすることができます。

なおAppleの提供しているiCloudも素晴らしいクラウドサービスですが、デスクトップからディスクとして使用できない、Mac OSXとiOSでしか利用できないので今回は除外しました。


ぱっと見、オンラインストレージサービスのパイオニア的存在であるDropboxに対する後発Google Drive、SkyDriveの優位性が目立ちますね。

Dropboxは無料容量は2GBとたと比べるとやや少なく、心許ないようにも思えます。もちろん有料で容量を増やすことも出来るのですが、有料プランも残り2つのサービスより料金が割高で若干不利になっています。これについては後でもう少し詳しく説明します。

1ファイル最大サイズは3つのサービスとも必要十分だという印象を受けました。SkyDriveの2GBは動画ファイルなどのサイズの大きなものをアップロードするには少し物足りないですが通常ユースには充分でしょう。Dropboxの1ファイル最大サイズがデスクトップからだと無制限だというのは魅力的に思えますが、当然持っている容量を超えてのアップロードは出来ませんから余り関係ないかもしれません。

注意が必要なのはモバイルOS対応です。恐らく問題になるのはMicrosoftが提供するSkyDriveで、これは今現在Androidに対応していないのでAndroid PhoneやAndroid Tabletでは使用出来ません。

次に実際に使用するときに一番ネックになる転送速度を見てみましょう。

転送速度の比較にはこのブログの題名にも入っているハリソン内科学2冊(1,858MB)をデスクトップからアップロードして、その際に掛かった時間を測定して行いました。

総ページ数3326ページ、執拗に分厚いハリソン内科学。

なお、アップロード平均速度は回線によって変わるのであくまで目安ですがかなりはっきりとした結果が出ましたよ。

我が家の回線速度は31.274Mbpsでした。



Google Driveがダントツトップでその後にSkyDrive、Dropboxが続きました。Dropboxはイライラするほど遅く、ちょっとしたファイルなら全く問題ありませんが大きなファイル転送には余り向いていません。

※追記:友人によると2012年4月27日現在Google Driveへのアクセスが集中し一時的にアップロード速度が低下しているようです。


次に追加容量プランのコストパフォーマンスを比較してみましょう。詳しくはEngadgetの記事を参照していただくとして、ここでは最も利用者数の多いと思われる20GBから100GBのプランについて、年間利用プランのあるSkyDriveとDropboxは年間利用料を月額換算した値、Google Driveについては月額料金を使って料金比較してみました。

グラフがブランクになっている部分は該当料金プランなし

全体的にDropboxが割高でSkyDriveが最も安いとの結果になりました。

Google DriveはSkyDriveに比べるとやや高いですが、100GB以上でも最大16TBまで拡張可能という豊富な追加容量プランが用意されています。

ここまで転送速度とコストパフォーマンスを中心に3つのサービスの比較をしてきましたが、これだけ見るとバランスのとれているSkyDriveか転送速度がずば抜けて速いGoogle Driveを使えば良いという結論に至るように思われます。

しかし、Dropboxが使いものにならないかといったらそうではなく、やはり先駆者としてのDropboxの使いやすさは他の2つのサービスを遥かに凌駕しています。大きなファイルを転送するには転送速度の遅さ、追加容量プランのコストの高さを考えると余り向いていませんが、日常的に例えばPDFをアップロードしたりするのには非常に使いやすいので、メインをDropboxにして大きなファイル共有の為にGoogle DriveかSkyDriveを併用するというのが現時点では最も理に適った使い方だと思います。

GoogleDriveの参入によりオンラインストレージサービスは群雄割拠の時代になったと言えるでしょう。現在はやや出遅れている感の否めないDropboxも競争を経てよりユーザーニーズに適ったサービスになるといいですね。

No comments:

Post a Comment